京都さくらよさこいのホームページ

> 特集 > 特集 > [チーム特集:…


[チーム特集: 第10弾] 龍谷大学 華舞龍

[ 管理ID: 6446 最終更新日:2017年3月31日 ]
シェアする! Share



龍谷大学華舞龍さんの練習にお邪魔し、お話を聞かせていただきました。
華舞龍さんは「最大限~感謝、誇り、情熱~そのために最高に熱くなろう」というコンセプトを掲げ日々練習に励んでいます。華舞龍さんの初代代表の方は“踊りに対しての情熱が人の心を動かし、感動させる。華舞龍とその場にいる人が一体となり互いに幸せを分かち合うことができる。それが出来た時、来場してくれたことに対して、最大限の感謝で応えられたと言えるだろう。そして、自分たちの踊りを誇ろう。その為に最高に熱くなろう。”と述べたそうです。

さくよさ本番では2016年度演舞「旭」という作品を踊ってくださいます。この作品は時代背景が明治維新で、迫りくる西洋列強に対抗する作品の中の登場人物たちの、変わりゆく時代の中でも決して変わらぬ想いが残っていくということをテーマとしています。そして華舞龍さんが歴代で続いてきたものを変わらず続けていこうという想いを演舞で表現しています。それぞれの登場人物を衣装の色ではっきりとわかりやすくしているということで作品のストーリーが分かるようになっています。

華舞龍さんは今回1日目のみの参加となっています。しかし、チーム内ではお客さんに1日目だけであったけれどもっと見たかった、2日間出ていれば賞をあげたいと言ってもらえるような演舞を全力でするということを目標に日々練習しているそうです。チームの皆さんは練習に取り組む態度も真面目でメリハリがあり、どんなことにも全力を出せる方たちだそうです。さくよさに対する想いの熱さにとても感動しました。本番が楽しみですね。

さて、そんな龍谷大学華舞龍さんの演舞スケジュールは以下の通りです。

4/1 11:49神宮道スペシャルステージ
13:48ゼスト御池
15:47京都駅ビル
17:18梅小路公園

※演舞時間は当日の状況などにより若干変動する場合があります

シェアする! Share

[ 編集者:広報部  ]


ページトップへ