京都さくらよさこいのホームページ

> 特集 > 特集 > [チーム特集:第5…


[チーム特集:第5弾] 京炎そでふれ!文舞蘭

[ 管理ID: 6047 最終更新日:2017年3月25日 ]
シェアする! Share


京炎そでふれ!文舞蘭(もんぶらん)さんの練習にお邪魔させていただき、お話を聞かせていただきました。
京炎そでふれ!文舞蘭さんは今年で第12代目を迎える(さくよさの一つ下ですね)、現在京都文教大学と京都文教短期大学の学生の新2回生、計25人で構成されたチームです。チームのコンセプトとして昨年から「飛翔」を掲げており、構成人数も少ない中、もっと大きいものにしていこうという高い向上心を表しています。

さくよさ本番では2016年度オリジナル演舞「翔華炎(かげろう)」という作品を演舞してくださいます。作品のテーマは「鞍馬の火祭り」で、舞台は京都の鞍馬山、昔の人が鞍馬の天狗を怒らせてしまった際に火祭りで怒りを沈めるという壮大なストーリーです。見どころとしては「京都らしさ」はもちろんのこと、天狗の特殊衣装や舞、そして炎を表す衣装などなかり見応えのある激しさですね。また今回さくよさでこの演舞は振り収めとなっており、見られるのはさくよさが最後、だそうです。これはみなさん見るしかないですね!
また、さくよさへの意気込みとして、残念ながらコンテストには参加できなかったのですが、賞を取るつもりで全力で演舞するとのことです。練習風景では、みなさん仲良く、かなりアットホームで取材もやりやすかったです。

その仲の良さで繰り広げられる息ぴったりの演舞…これは本番が楽しみですね!

さて、そんな京炎そでふれ!文舞蘭さんの演舞スケジュールは以下の通りです。

4/2 11:49ロームシアター京都前
13:34神宮道スペシャルステージ
15:54イオンモールKYOTO

※演舞時間は当日の状況などにより若干変動する場合があります

シェアする! Share

[ 編集者:広報部  ]


ページトップへ