京都さくらよさこいのホームページ

> 特集 > 特集 > [チーム特集:…


[チーム特集: 第8弾]同志社大学 京都よさこい連 心粋

[ 管理ID: 6337 最終更新日:2017年3月28日 ]
シェアする! Share



先日は、同志社大学 京都よさこい連 心粋(こころいき)さんの練習にお邪魔して、お話を伺いました。

結成されて間もないチームであるため、まだ明確なチームコンセプトは確立されていない反面、無理に伝統に縛られることなく新しいことに挑戦できるという大きな特徴があるといいます。それゆえ、チーム内でも発言がしやすい雰囲気で、活発な意見交換が多いそう。「悪い意味でもいい意味でも自由なチーム」そう話してくれた代表の言葉からは、楽しみながらも真剣によさこいに取り組むチームの熱意と、メンバー同士の深い絆が見受けられました。

代ごとに異なった色を見せてくれる心粋さんの作品ですが、今回披露してくれる2016年度演舞「心燈(ココロビ)」は、京都の地域性と学生の元気さを表現した作品。京都の夏の風物詩である鴨川納涼床をテーマにストーリーを作ったそうです。初代から作品中に用いられている“粋に踊れ、心から楽しめ”という言葉も、今年らしく解釈、表現されています。

「心燈」の振納めとなる京都さくらよさこいでは、メンバーたっての強い希望により、今年は両日参加を決意したそう。ここにもさくよさへの強い意気込みが感じられました。メンバーにとっても、先輩が残してくれた、様々なことにチャレンジした思い入れの強い作品。地元京都で踊る演舞に、一層気合いが入ると話してくれました。今年は人数が大幅に増え、さらに活気づいた心粋さんの演舞を、ぜひさくよさ本番でご覧ください!

さて、そんな同志社大学 京都よさこい連 心粋さんの演舞スケジュールは以下の通りです。

4/1 12:10京都駅ビル
13:13梅小路公園
14:02イオンモールKYOTO
15:47神宮道スペシャルステージ
4/2 11:42ロームシアター京都前
13:27神宮道スペシャルステージ
15:47イオンモールKYOTO

※演舞時間は当日の状況などにより若干変動する場合があります

シェアする! Share

[ 編集者:広報部  ]


ページトップへ