京都さくらよさこいのホームページ

> 特集 > 特集 > [チーム特集:…


[チーム特集: 第9弾]京都チーム「櫻嵐洛」

[ 管理ID: 6391 最終更新日:2017年3月29日 ]
シェアする! Share



京都チーム「櫻嵐洛」さんの練習にお邪魔し、お話を聞かせていただきました。京都チーム「櫻嵐洛」さんは、今年で19年目を迎えるチーム関西の学生や社会人を中心とした社会人チームです。メンバーは約200人という大きなチームですが、その中で踊り未経験者は約7割ということでチームの雰囲気はとてもアットホームでした。

今回のさくよさで踊っていただくのは2016年度演舞「疾風」という作品です。この作品のテーマは忍者で、演舞の中には忍者の特有の怪しさや暗さを振付や衣装で表現しているとのこと。その衣装では忍者らしさを表現するためにたくさんの工夫を凝らしていて、黒いマントや顔が全部隠れるフードを使った演舞を見せてくれます。

京都チーム「櫻嵐洛」さんは鳴子を使った演舞が特徴なのですが、今回の作品は衣装にポケットがついていて、鳴子をしまったり出したりしてさらに独特な雰囲気がみられます。取材当日は衣装を使った本番に向けての練習をしていて、練習中の踊り子の皆さんは忍者そのものでした。

今回のさくよさで2016年度演舞「疾風」は振り納めということで、チームの皆さんはより集中力を高め日々練習に励んでいるそうです。先ほども述べたようにこの作品はよさこいの持つ華やかさとは打って変わって怪しさや暗さが特徴です。本番はステージに雰囲気がガラッと変わるところや、振付と衣装さらに楽曲との結びつきに注目してほしいとのことでした。本番が楽しみですね。

さて、そんな京都チーム「櫻嵐洛」さんの演舞スケジュールは以下の通りです。

4/1 11:56京都駅ビル
12:59梅小路公園
15:33ゼスト御池
18:42神宮道スペシャルステージ
4/2 12:10梅小路公園
14:30ゼスト御池
16:29ロームシアター京都前

※演舞時間は当日の状況などにより若干変動する場合があります

シェアする! Share

[ 編集者:広報部  ]


ページトップへ